赤ちゃんの正しいあやし方 (ボクサー編)

赤ちゃんというのは不思議なもので、
自分に危害を加えない、
優しい存在を敏感に感じることができるのではないでしょうか。

 

大人であれば、
動くこともままならない状態で、
自分よりも何倍も大きな生き物を目の前にして、
平然といられる人は少ないはずです。

 

それは、
自分が生きてきた中での知識や経験から、
牙があって、
足も速そうで、
体も大きな、
何を考えているかわからない相手は
警戒すべきだと判断するからかもしれません。

しかし赤ちゃんは、
純粋に相手のことを見ているわけです。

 

彼らにとって、
牙があろうが、
足が速そうであろうが、
体が大きかろうが、
関係のないのでしょう。

 

好奇心でいっぱいの目で、
今日は何が起こるのか楽しみだと
思っているのかもしれないですね。

 

このボクサーのゴツイ顔からは想像できないくらい、
その体全体からにじみ出る赤ちゃんへの愛情が感じられますよね!

 

赤ちゃんは何の警戒もなく、
とっても喜んでいます。

 

ボクサーもその気持ちを感じているのでしょう。

何度も何度も、
おもちゃを振り回したり、
くるくる回ったりして、
赤ちゃんを喜ばそうとしています。

 

 

赤ちゃんの放つ幸せオーラって、
種族関係ないんですね。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です